【完全版】法務業務を効率化するChatGPT活用方法5選を徹底解説!

📁
【完全版】法務業務を効率化するChatGPT活用方法5選を徹底解説!

「法務・コンプライアンス業務でChatGPTって役に立つの?」
「ChatGPTを使って法務部やコンプライアンス部の仕事を効率化したい・・・」
「法務部や・コンプライアンス部の仕事にChatGPTをどう活用したらいいのかわからない・・・」
とお悩みの法務業務に従事の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、法務業務を超効率化するChatGPTの活用方法5選について詳しく解説します。

法務部・コンプライアンス部に従事する方は、ぜひ参考にしてください。

法務業務を効率化するChatGPT活用方法5選

法務部・コンプライアンス部の仕事にはまだアナログな部分が多く残っているため、ChatGPTを活用することで業務効率を大幅にUPすることができます。

法務・コンプライアンス業務において、特に効果的なChatGPT活用法について、詳しく解説します。

  • 活用方法1.契約書作成・レビュー
  • 活用方法2.社内規程の作成
  • 活用方法3.社内の法務相談対応
  • 活用方法4.法務・コンプライアンス研修
  • 活用方法5.法的書面の作成

活用方法1.契約書作成・レビュー

契約書の作成とレビューは法務部の重要な業務の一つであり、ChatGPTはこのプロセスを効率化し、時間とリソースを節約することができます。

初めに、ChatGPTは既存の契約テンプレートを活用して新しい契約書のドラフトを素早く作成することができます。たとえば、特定の契約のタイプや条件を入力することで、ChatGPTは関連する条項と文言を提供し、基本的な契約書の枠組みを生成します。

さらに、ChatGPTは契約書のレビューをサポートすることができます。具体的には、ChatGPTに契約書を読ませ、言い回しの修正や誤字脱字のチェックを行うことができます。

また、ChatGPTは契約書の内容に関する疑問や説明を提供することも可能です。法務部のメンバーが特定の条項や言葉の意味について質問すると、ChatGPTは法的な背景や意図を説明し、より明確な理解を促進することも可能でしょう。

これらの方法を通じて、ChatGPTは法務部の契約書作成とレビューのプロセスを効率化し、業務の時間と労力を節約し、契約書の品質と一貫性を向上させることができます。

活用方法2.社内規程の作成

法務部がリーガル/コンプライアンスに関する社内規程を作成することもあるでしょう。
ChatGPTは社内規程の作成を効率的に実行する助けになります。

まず、ChatGPTは、既存のテンプレートや前例を基にして、新しい社内規程のドラフトを作成することができます。特定のテーマやセクションに関する基本的な情報を提供することで、ChatGPTは関連する法律や規制、および業界のベストプラクティスに基づいて、草稿を作成することができます。

さらに、ChatGPTは、規程の草稿をレビューし、法的な適合性や一貫性を確認するのに役立ちます。規程の言葉遣いやフォーマットを標準化し、規程が明確で理解しやすいことを確保するための推奨事項を提供することができます。

ChatGPTはまた、規程の内容に関する疑問や説明を提供することも可能です。法務部のメンバーや他の部署のメンバーが特定の規定や言葉の意味について質問すると、ChatGPTは法的な背景や意図を説明し、より明確な理解を促進します。

これらの方法を通じて、ChatGPTは社内規程の作成プロセスを効率化し、業務時間と労力を節約し、規程の品質と一貫性を向上させることができます

活用方法3.社内の法務相談対応

法務相談対応は法務部における日常的なタスクであり、ここでChatGPTは質問の初期対応や情報の整理に大きく貢献できます。

まず、ChatGPTに自社に関連する法令や社内規程等を学習させることで、社内の法務相談ボットとして、法務相談を受ける際の第一接触点として機能することができます。従業員からの法務関連の質問や懸念を受け付け、基本的な情報を提供し、さらに詳しい対応が必要な場合は法務部にエスカレートすることができます。

ChatGPTは、質問されたトピックに関連する基本的な法的情報やガイドラインを提供することができます。これにより、従業員は必要な情報を迅速に入手し、法務部の専門家が他の重要なタスクに集中できるようになります。

さらに、ChatGPTは法務相談のトラッキングと整理にも利用することができます。法務相談の内容、日時、関与した人物を記録し、必要に応じて法務部に報告します。この情報は後でレビューする際や法務対応の効果的な管理のために非常に有用です。

また、法務相談の頻度や内容に関する統計をまとめることも可能で、これにより法務部は、どのような質問が頻繁に発生しているのか、また社内で法務教育やトレーニングが必要なエリアがどこかを理解するのに役立ちます。

法務部と従業員とのコミュニケーションを助けるために、ChatGPTは法務関連の質問に対するFAQを作成し、更新することも可能です。これにより、従業員は法務関連の基本的な質問に対する答えを自分で見つけることができ、法務部の負担を軽減することができるでしょう。

これらの活用方法を通じて、ChatGPTは法務部の「社内の法務相談対応」の業務効率化に貢献し、法務部スタッフがより重要で複雑なタスクに焦点を合わせることができるよう支援することができます。

活用方法4.法務・コンプライアンス研修

法務・コンプライアンス研修は、企業における重要なプロセスであり、従業員が法律や規制、企業ポリシーを理解し、遵守することを保証する目的で実施されます。
ChatGPTの活用はこのプロセスを効率化し、効果的にすることができます。

まず、ChatGPTは研修資料の作成をサポートすることができます。法務専門家と連携し、法律やコンプライアンスに関連するトピックを明確に説明する教材やプレゼンテーションを作成することができます。ChatGPTは、研修内容を明確かつわかりやすく伝えるためのテキストや図表の作成をサポートします。

次に、ChatGPTはオンデマンドで法律やコンプライアンスに関する質問に答えるためのリソースとして活用できます。研修セッション中や研修後に従業員からの質問を受け付け、基本的な法律やコンプライアンスに関連する質問に対する回答を提供します。これにより、従業員は必要な情報をタイムリーに入手でき、法務専門家の時間を節約できます。

また、ChatGPTは研修の効果測定にも利用できます。研修後のクイズやアンケートを作成し、従業員の理解度を評価することができます。このフィードバックは、研修プログラムの改善や更新に利用できます。

これらの方法を通じて、ChatGPTは法務・コンプライアンス研修の効率化と効果的な実施をサポートし、法務部門の負担を軽減し、企業全体の法律およびコンプライアンスの理解と遵守を向上させることができます。

活用方法5.法的書面の作成

法的書面の作成は法務部門において重要な業務の一つであり、その正確さと効率は企業活動において大きな影響を与えます。
ChatGPTの活用は、この業務の効率化と品質向上に貢献することができます。

まず、ChatGPTは法律専門家と連携して、法的書面のテンプレートを作成する際に役立ちます。ChatGPTは、テンプレート作成プロセスをサポートし、法律専門家の意図を明確に表現する適切な法律用語や表現を提供することができます。テンプレートは、法的書面作成の効率を向上させ、その品質と一貫性を保証する基盤となります。

次に、ChatGPTは法律専門家が個々の法的書面を作成する際にも役立ちます。法律専門家は、ChatGPTに対して特定の法的要件や情報を提供し、ChatGPTはこれらの情報を適切に整理し、法的書面の草案を作成することができます。このプロセスは、法律専門家が法的書面を効率的に作成し、その品質を確保することを可能にします。

これらの活用方法を通じて、ChatGPTは法務部門の「法的書面の作成」の業務効率化に大きく貢献し、法律専門家がより効率的に、かつ高い品質で法的書面を作成し管理することを可能にします。


法務業務におけるChatGPT活用のメリット

法務・コンプライアンス業務におけるChatGPT活用のメリットは次の2つがあります。

  • メリット1.業務効率化による生産性向上
  • メリット2.正確性や品質の向上

メリット1.業務効率化による生産性向上

法務・コンプライアンス業務には、まだまだアナログな手作業が多くあります。

ChatGPTの活用により、法務・コンプライアンス業務の多くのプロセスが自動化または半自動化されることで、生産性が大きく向上します。特に、社内規程の作成や法務相談の1次対応が効率化され時間が短縮できるため、法務担当者はより高度な法律専門業務に集中できます。

これにより、法務チームは業務効率化による時間の短縮だけでなく、より高度な法律問題への対応や、戦略的な法務サポートを提供することが可能になり、結果として企業全体の法的リスクの低減とコンプライアンスの強化が図られるでしょう。

メリット2.正確性や品質の向上

ChatGPTの活用は、法務部門における正確性や品質の向上に大いに貢献します。
法務の専門家は、契約書の作成や法的書面の準備、法務相談対応など、多岐にわたるタスクを担当しています。これらのタスクは、法律の知識と注意が必要で、さらには時間とリソースを大量に消費するものもあります。

ChatGPTを導入することで、法務文書のテンプレート作成や、法律用語の正確な使用、そして法的内容の一貫性を保つことができるようになります。これにより、法務担当者は文書の正確性と品質を向上させながら、他の重要な法務業務にも集中することが可能となります。
さらに、ChatGPTは一貫した法務サポートを提供し、法務部門の効率と品質の向上に貢献します。

これらの利点により、法務部門はより高品質かつ正確なサービスを提供し、企業全体の法務リスクを低減することが可能となります。


法務業務におけるChatGPT活用の留意点

法務・コンプライアンス業務におけるChatGPT活用にはメリットが多くありますが、留意すべきポイントもあります。

  • 留意点1.誤った情報を生成する可能性がある
  • 留意点2.データが古い(2022年1月まで)
  • 留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

留意点1.誤った情報を生成する可能性がある

ChatGPTは非常に強力で便利なツールですが、「完璧」ではありません。
ときには誤った情報を創作したり、指示内容を誤ってしまうことがあります。

従って、ChatGPTを業務で活用する場合は、回答をそのまま鵜呑みにせずに、必ず人手による精査(ファクトチェック)や調整を加えることが不可欠です。

特に、法務・コンプライアンス業務においては、小さなミスや誤りも大きな法的リスクや損害を生み出す危険性があるため、特に慎重な運用が求められます。

留意点2.データが古い(2022年1月まで)

ChatGPTは2022年1月までのインターネット上の情報を学習したAIモデルのため、それ以降の最新情報は把握していません。
そのため、2022年1月以降の最新情報の調査などではChatGPTを活用せずに、自ら信頼のおける情報源等で確認するようにしましょう。

そもそも、ChatGPTは「文章の生成やチェック」や「意味の解釈」、「データの分析」などを得意としており、情報の「検索」には不向きです。
特に、法務・コンプライアンス業務においては、専門的な知識や情報が求められるため、ChatGPTで調べずに自ら信頼のおける情報源で確認することが求められます。

留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

ChatGPTに入力する情報は、ChatGPTを開発するOpenAI社のAIモデルの学習に活用される可能性があることがChatGPTの利用規約に明記されています。

つまり、ChatGPTに入力した従業員や応募者などの個人情報や機密情報などがAIモデルの学習の結果、第三者に漏えいしてしまうリスクがあるのです。

したがって、ChatGPTを活用する際には、ChatGPT(プロンプト)に個人情報や顧客情報、機密情報は絶対に入力しないようにしましょう
特に、法務・コンプライアンス業務においては個人情報や機密情報を取り扱うことも多いため、慎重な取り扱いが求められます


【あわせて読みたい】日本企業の導入・活用事例

日本企業におけるChatGPTの導入・活用事例はこちらの記事をご参考にしてください。


最後に

本記事は、法務・コンプライアンス業務に従事する方に特に効果的なChatGPTの活用方法について詳しく解説しました。

まだまだアナログで手作業も多い法務・コンプライアンス業務ですが、ChatGPTを上手に活用することで業務効率化や正確性・精度を向上できる業務やプロセスが多くあることが確認できたかと思います。

この記事が、法務・コンプライアンス業務に従事する方や人材業界で働く方のChatGPT活用の参考になれば幸いです。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。
ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。