【完全版】経営企画業務を効率化するChatGPT活用方法7選を徹底解説!

📁
【完全版】経営企画業務を効率化するChatGPT活用方法7選を徹底解説!

「経営企画業務でChatGPTって役に立つの?」
「ChatGPTを使って経営企画部の仕事を効率化したい・・・」
「経営企画の仕事にChatGPTをどう活用したらいいのかわからない・・・」
とお悩みの経営企画・事業企画業務に従事の方は多いのではないでしょうか。

本記事では、経営企画業務を超効率化するChatGPTの活用方法7選について詳しく解説します。

経営企画業務に従事する方は、ぜひ参考にしてください。

経営企画業務を効率化するChatGPT活用方法7選

経営企画の仕事にはまだアナログな部分が多く残っているため、ChatGPTを活用することで業務効率を大幅にUPすることができます。

経営企画業務において、特に効果的なChatGPT活用法について、詳しく解説します。

  • 活用方法1.経営戦略の立案
  • 活用方法2.予算策定
  • 活用方法3.予実管理
  • 活用方法4.新規事業の検討
  • 活用方法5.経営会議資料の作成
  • 活用方法6.経営会議の議事録作成
  • 活用方法7.M&Aの検討

活用方法1.経営戦略の立案

経営戦略の立案は経営企画部にとって重要な業務の一つです。
経営戦略の立案には、さまざまな角度から自社や市場、顧客、競合を分析する必要があります。

多角的かつ漏れなく経営分析を行うのに役立つのが、フレームワークです。
フレームワークは経営企画や戦略コンサルティングファームなどでも活用されています。
多くの種類のフレームがありますが、特に重要なフレームワークとして以下の7つがあげられます。

  • 1.PEST分析
  • 2.3C 分析
  • 3.ファイブフォース分析
  • 4.SWOT分析
  • 5.STP分析
  • 6.4P分析
  • 7.4C分析

これらのフレームワークを用いて多角的かつ総合的に分析するには、膨大な調査や思考、分析が必要になり、多くの労力と時間がかかります。

そんな作業もChatGPTを活用することで大幅に作業を効率化して時間を短縮することができます。
また、ChatGPTと対話しながら作業を進めることで、自分ひとりでは出てこなかったようなアイデアや考察が生まれ、より高度な分析や戦略の立案が行えます。

上記7つの経営分析のフレームワークをChatGPTを活用して効率的に分析する方法と具体的なプロンプトについて以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください

活用方法2.予算策定

予算策定は経営企画部における最も重要な業務の一つですが、ChatGPTを活用することで効率的かつ高度な分析や予算の設定を行うことが可能になります。

例えば、ChatGPTは過去の予算と実績データを分析する際に役立ちます。分析するためには、まずデータをChatGPTに提供し、どの項目が予算超過または予算未達だったのかを理解できます。
また、予算のドラフト作成時には、ChatGPTに基本的な予算のフレームワークを提供し、各項目の推定値を計算してもらいうことができます。作成された予算ドラフトに対しては、ChatGPTに最適化の提案を求め、コスト削減や資源の再配分、投資の優先順位付けについてのアイデアを得ることができます。

さらに、ChatGPTに異なる経済状況や市場条件を考慮した予算シナリオを作成してもらい、未来の不確実性を考慮した堅牢な予算を作成します。予算の概要と分析を明確にまとめたレポートやプレゼンテーションをChatGPTに作成してもらうことで、他のチームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーションに貢献するでしょう。

これらのステップにより、ChatGPTは予算策定プロセスを効率化し、より精度が高く効率的な予算策定プロセスを実現することができるでしょう。

活用方法3.予実管理

予実管理は、予算の進捗状況を正確に把握し、計画と実際の成果を比較する重要なプロセスです。
ChatGPTを利用することで、予実管理を効率的に実行し、更に洞察を得ることが可能となります。

具体的な活用方法として、ChatGPTに実績データと予算データをインプットし進捗状況の分析を指示することで、どの項目が予算を超過または未達しているかを一瞬で可視化することができます。
この分析により、予実のギャップを理解し対策を計画するための基盤を提供します。

さらに、ChatGPTは予実の差異分析をサポートします。具体的な差異の原因を特定し、それが業務プロセスや市場環境の変化にどのように影響されているかを理解することができます。

また、ChatGPTを使用して、社内向けに予算の進捗状況・予実ギャップやその原因などに関するレポートを作成することもできます。これにより、他のチームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーションが向上し、全体の予実管理プロセスがスムーズに進行するでしょう。

これらのステップにより、ChatGPTは予実管理の効率化と、より明確かつ効果的な決定を支援することができます。

活用方法4.新規事業の検討

経営企画部では、新規事業の検討や創出も重要な仕事です。
新規事業の検討を行うには、

  • 新規事業のアイデアを出す
  • アイデアに関する市場規模や顧客ニーズ、競合などの調査
  • 事業性を分析
  • 事業戦略を立案
  • 事業計画を策定
  • 新規事業を開始するための稟議書作成

などの多くのステップを踏む必要があります。
これら一連の作業をChatGPTは効率化することができます。

例えば、新規事業のアイデアを出す際には、「当社が手掛けている既存の事業○○とシナジーを生むような新規事業のアイデアを10個出して」とChatGPTに質問すると、ChatGPTは事業アイデアを出してくれます。
もちろん、そのアイデアをそのまま使うことは少ないでしょうが、自分のアイデアを磨き上げたり、新しい発想を加えるのには役に立つでしょう。

また、新規事業の事業性を分析したり事業戦略を立案する際には「活用方法1.経営戦略の立案」でもご紹介した、ChatGPTを活用して経営フレームワークの分析を行うことで効率的に新規事業の分析や戦略の立案を行うことができます。

活用方法5.経営会議資料の作成

経営企画部は、経営会議の事務局として会議のアジェンダや配布資料の作成を担うケースも多くあるでしょう。
経営会議は会社にとって重要な会議のため、会議に用いる資料にはミスが許されず、資料作成には多くの労力と時間がかかります。

そんな経営会議資料の作成もChatGPTを活用することで、効率化による時間の短縮と正確性の向上が期待できます。
例えば、経営会議資料の文章や図業をChatGPTを活用して自動で作成することが可能です。もちろん、自分で確認して編集や調整する必要はありますが、自分がイチから手作業で作成するよりも多くの時間を短縮することができます。
また、自分が作成した文章などの校正・誤字脱字チェックなどにおいてもChatGPTは有用です。これによって、資料の誤字脱字などのミスを防ぐこともできるでしょう。

活用方法6.経営会議の議事録作成

経営企画部は、経営会議の事務局として議事録を作成することも重要な仕事です。
経営会議は会社にとって重要な議論や意思決定を行う場ですから、議事録も高い正確性が求められます。
ただ、長時間に及ぶ経営会議の正確な議事録を作成するには、時間と労力がかかります。
そんな議事録の作成も、ChatGPTの活用により大きく効率化することができます。

具体的には、面接中の対話内容を音声認識ツールを活用して録音して、文字起こしします。その文字起こししたテキストデータをChatGPTに入力することで、ChatGPTが整理と編集や要約を行い、議事録として出力することができます。
もちろん人間の目で確認や修正・編集する必要がありますが、イチから手作業で作成するのに比べると総じて煩雑な議事録作成作業を大幅に短縮し、高品質な文書を生成することが可能です。

無料の音声認識ツールとChatGPTを活用して、議事録を作成する方法については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

活用方法7.M&Aの検討

経営企画部は、成長戦略としてM&A(買収)の検討も重要なミッションとされているケースも多くあります。

M&Aの検討においてもChatGPTは大いに役立ちます。
例えば、買収候補のターゲット企業検索の際に、自社事業とシナジーを生むような業種や属性のアイデアを提案してもらったり、売上高や従業員数などの条件をChatGPTに入力し買収基準に合致する企業リストをChatGPTが自動で出力することができます。

デュー・デリジェンス段階では、財務データや事業内容をChatGPTに入力することで、買収後のシナジー効果やリスクの自動分析を生成することができるでしょう。M&A担当者はこの分析結果を活用することで、デュー・デリジェンス業務を効率化することができます。

加えて、経営会議等で使用するM&A概要説明資料の作成や、売り手側の資料を自動で要約することで資料作成などの業務を効率化できるでしょう。

また、買収シミュレーションの作成においても、買収価格やシナジー効果の仮定を変えた場合の収益シミュレーションを自動で複数パターン作成するなどによって、検討の質を向上することができます。

もちろん全て人の目で確認や手を加える必要がありますが、総じてChatGPTを活用することでM&Aの検討プロセスを合理化しつつ、戦略立案の質も向上できるでしょう。


経営企画業務におけるChatGPT活用のメリット

経営企画業務におけるChatGPT活用のメリットは次の2つがあります。

  • メリット1.業務効率化による生産性向上
  • メリット2.経営計画の精度向上

メリット1.業務効率化による生産性向上

ChatGPTの活用により、経営企画部の業務効率化と生産性の向上が実現されます。
経営企画業務は、データ分析、戦略立案、予算策定など多岐にわたるタスクを含んでおり、これらのプロセスは従来、多くの時間と労力を要します。

ChatGPTを利用することで、これらのタスクの一部を自動化し、効率化することが可能となります。
特に、データ分析や基本的なドキュメント作成、そして予算の初期ドラフト作成などにおいて、ChatGPTは速やかに正確な支援を提供し、経営企画部門の生産性を向上させます。
さらに、ChatGPTによる自動化と効率化は、経営企画担当者にとって、より高度で戦略的なタスクに集中する時間を提供します。

これにより、企業全体の戦略的な意思決定プロセスが加速し、経営企画業務の質と速度が向上します。これらのメリットは、経営企画部門にとって、業務の効率と生産性の大幅な向上をもたらし、経営の効率化という広範な目標に寄与することとなります。

メリット2.経営計画の精度向上

ChatGPTの活用により、戦略策定や経営計画の精度が向上します。
経営企画業務では、データの正確な分析と情報の明確な解釈が不可欠であり、これらが企業の戦略的方向性や決定を導く基盤となります。

ChatGPTは、大量のデータを迅速かつ正確に分析する能力を持ち、さらに、その分析結果を明瞭かつ理解しやすい形で提示することができます。このような支援により、経営企画担当者はより正確かつ効果的な戦略を策定し、企業の長期的な成功に向けた明確な計画を立てることができます。
また、ChatGPTは、各種のシナリオ分析や予測モデルを提供し、未来の市場動向やリスクをより正確に評価することを可能にします。これにより、戦略策定や経営計画の精度が向上し、企業全体のリスク管理と戦略的な意思決定が強化されます。

全体として、ChatGPTの活用は、経営企画業務における情報の質と戦略の正確性を向上させ、企業の競争力と持続可能な成長を支える重要な要素となります。


経営企画業務におけるChatGPT活用の留意点

経営企画業務におけるChatGPT活用にはメリットが多くありますが、留意すべきポイントもあります。

  • 留意点1.誤った情報を生成する可能性がある
  • 留意点2.データが古い(2022年1月まで)
  • 留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

留意点1.誤った情報を生成する可能性がある

ChatGPTは非常に強力で便利なツールですが、「完璧」ではありません。
ときには誤った情報を創作したり、指示内容を誤ってしまうことがあります。

従って、ChatGPTを業務で活用する場合は、回答をそのまま鵜呑みにせずに、必ず人手による精査(ファクトチェック)や調整を加えることが不可欠です。

特に経営企画業務は、企業経営の根幹を成す重要な業務のため、特に慎重な運用が求められます。

留意点2.データが古い(2022年1月まで)

ChatGPTは2022年1月までのインターネット上の情報を学習したAIモデルのため、それ以降の最新情報は把握していません。
そのため、2022年1月以降の最新情報の調査などではChatGPTを活用せずに、自ら信頼のおける情報源等で確認するようにしましょう。

そもそも、ChatGPTは「文章・コードの生成やチェック」や「データの分析」などを得意としており、情報の「検索」には不向きです。
ChatGPTを活用するにあたっては、これらの特性を踏まえ適切に活用することが重要です。

留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

ChatGPTに入力する情報は、ChatGPTを開発するOpenAI社のAIモデルの学習に活用される可能性があることがChatGPTの利用規約に明記されています。

つまり、ChatGPTに入力した従業員や応募者などの個人情報や機密情報などがAIモデルの学習の結果、第三者に漏えいしてしまうリスクがあるのです。

したがって、ChatGPTを活用する際には、ChatGPT(プロンプト)に顧客情報や個人情報、機密情報は絶対に入力しないようにしましょう
特に、経営企画業務においては会社の機密情報を取扱うため慎重な取り扱いが求められます


【あわせて読みたい】日本企業の導入・活用事例

日本企業におけるChatGPTの導入・活用事例はこちらの記事をご参考にしてください。


最後に

本記事は、経営企画業務に従事する方に特に効果的なChatGPTの活用方法について詳しく解説しました。

まだまだアナログで手作業も多い経営企画業務ですが、ChatGPTを上手に活用することで業務効率化や正確性・精度を向上できる業務やプロセスが多くあることが確認できたかと思います。

この記事が、経営企画業務に従事する方のChatGPT活用の参考になれば幸いです。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。
ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。