【7つのフレームワーク】事業戦略立案にChatGPTを活用する方法とプロンプトを解説!

📁
【7つのフレームワーク】事業戦略立案にChatGPTを活用する方法とプロンプトを解説!

経営者、役員、経営企画・事業企画、事業開発に従事する方は必見。

新規事業の戦略立案・分析でよく活用される特に重要な7つのフレームワークとして、

  • 「PEST分析」
  • {3C 分析」
  • 「ファイブフォース分析」
  • 「SWOT分析」
  • 「STP分析」
  • 「4P分析」
  • 「4C分析」

について、ChatGPTを活用して高いクオリティかつ効率的に事業分析する方法とプロンプトを具体例つきで解説します。

経営企画・事業企画などに従事する方はぜひ参考にしてみてください。

事業戦略立案に役立つ7つのフレームワーク

事業戦略の立案・分析に役立つ7つのフレームワークとしては、次の7つがあります。

  • 「PEST分析」
  • {3C 分析」
  • 「ファイブフォース分析」
  • 「SWOT分析」
  • 「STP分析」
  • 「4P分析」
  • 「4C分析」

それぞれ以下で詳しく解説します。

ChatGPTを活用して「PEST分析」を行う方法とプロンプト

事業戦略立案・分析においては、自社についての内部環境分析と、自社以外の外部環境分析の両面を行う必要があります。

「PEST分析」は、外部環境のなかでもマクロ環境を分析するフレームワークです。
外部環境が自社の事業に与える要因として、

  • 「Politics(政治要因)」
  • 「Economy(経済要因)」
  • 「Society(社会要因)」
  • 「Technology(テクノロジー要因)」

の4つの外部環境要因を分析する手法です。

「Politics(政治要因)」

「Politics(政治要因)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 政府の方針
  • 政権の動向
  • 法令・条例・規則の制定や改訂

「Economy(経済要因)」

「Economy(経済要因)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 景気
  • 経済成長率
  • 金融政策
  • マネーサプライ
  • 外国為替
  • 株価
  • 雇用情勢
  • 賃金動向
  • 物価動向

「Society(社会要因)」

「Society(社会要因)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 人口動態
  • 消費スタイルの変化
  • コロナ(外出自粛・テレワークなど)
  • 価値観の変化

「Technology(テクノロジー要因)」

「Technology(テクノロジー要因)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • スマホ
  • 5G
  • IoT
  • ビッグデータ
  • Web3.0
  • VR/AR
  • AI
  • 生成AI

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「3C分析」を行う方法とプロンプト

3C分析とは、

  • 「Customer(市場・顧客)」
  • 「Competitor(競合)」
  • 「Company(自社)」

の「3つのC」で、外部環境(市場・顧客や競合企業)と内部環境(自社)の両面を分析する手法です。

3C分析を行うには、市場規模や成長性、顧客のニーズや購買行動、競合企業のシェアやポジション、影響力の強さ、知名度や資本力、自社のサービスの強みやシェア、資本力や開発力など、「市場・顧客」、「競合企業」、「自社」に関する多くの要素を調査・分析する必要があります。

「Customer(市場環境・顧客)」

Customer(市場環境・顧客)として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 業界の市場規模
  • 市場の成長性
  • 顧客ニーズ
  • 顧客の消費行動・購買行動

「Competitor(競合環境)」

Competitor(競合環境)として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 競合各社の現状シェアと推移
  • 各競合の特徴(採用している戦略・保有リソースなど)
  • 競合の業界ポジション
  • 新規参入・代替品の脅威
  • 自社が特に注意すべき対象となる競合企業(主要顧客層、商品特性が似ている、など)
  • 注意すべき競合対企業と特徴と今後想定される行動(自社への対抗手段など)

「Company(自社環境)」

Company(自社)として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 自社の企業理念・ビジョン
  • 既存事業・自社製品の現状(売上、シェア、商品ラインナップ、戦略、など)
  • 既存ビジネスの特徴、強み、弱み
  • ヒト・モノ・カネの現有リソース、強み、弱み
  • 資本力・投資能力

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「ファイブフォース分析」を行う方法とプロンプト

業界の収益性を決める競争要因として、次の5つの要因

  • 「既存企業同士の競争」
  • 「買い手の交渉力」
  • 「売り手の交渉力」
  • 「新規参入者の脅威」
  • 「代替品や代替サービスの脅威」

から業界のミクロ環境分析を行い、競争優位性の築きやすさや収益性を構造分析する手法です。

「既存企業同士の競争」

「既存企業同士の競争」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 競合他社の数
  • 競合他社の市場シェア
  • 差別化の状況
  • 固定費
  • 撤退時の費用

「買い手の交渉力」

「買い手の交渉力」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 買い手の寡占度合い
  • 売り手の寡占度合い
  • 売手の利益率

「売り手の交渉力」

「売り手の交渉力」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 買い手の寡占度合い
  • 売り手の寡占度合い
  • 売手の利益率

「新規参入者の脅威」

「新規参入者の脅威」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 設備投資の大きさ
  • 研究開発費の大きさ
  • 知財・特許の取得状況
  • 専門性の高さ
  • ネットワーク外部性の有無

「代替品や代替サービスの脅威」

多くの商品・サービスには、既に代替品や代替サービスが存在します。
有名な話では、SaaSの最大の競合サービスは「Excel」とよく言われます。これは、多くのSaaSの提供する機能が、Excelで代替できてしまうからです。
例えば、Webマーケティングのパフォーマンスを一元管理・分析できるようなSaaS事業を新事業として検討する際には、既存の競合SaaSサービスだけでなく、代替品としてExcelで既存顧客が満足していないか?という点も検討する必要があります。

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「SWOT分析」を行う方法とプロンプト

SWOT分析とは、事業を内部環境の「Strength(強み)」、「Weakness(弱み)」、外部環境の「Opportunity(機会)」、「Threat(脅威)」の4つの要因でプラス面とマイナス面を分析する手法です。

外部環境(「Opportunity(機会)」、「Threat(脅威)」)を分析するにあたっては、PEST分析も併用することでモレなく外部のマクロ環境を分析することができます。

「Strength(強み)」

「Strength(強み)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • ネットワーク外部性
  • ブランド
  • 知財・特許
  • 市場シェアの高さ
  • 技術力
  • 研究開発力
  • 資金力
  • 顧客基盤
  • 販売力

「Weakness(弱み)」

上述の「Strength(強み)」で挙げた項目のうち、自社が弱い部分がWeakness(弱み)です。

「Opportunity(機会)」

「Opportunity(機会)」として分析すべき内容の具体例は以下の通りです。

  • 業界に関連する法令・条例・規則の制定・改定などの政治要因
  • 景気動向などの経済要因
  • コロナや少子高齢化などの社会要因
  • ChatGPTの誕生などのテクノロジー要因

「Threat(脅威)」

上述の「Opportunity(機会)」で挙げた項目のうち、自社が弱い部分が「Threat(脅威)」です。

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「STP分析」を行う方法とプロンプト

「STP分析」とは、

  • 「Segmentation(セグメンテーション)」
  • 「Targeting(ターゲティング)」
  • 「Positioning(ポジショニング)」

の頭文字をとって名付けられ、市場(顧客)を細分化して、細分化した市場(顧客)の中なからどの顧客グループに対して、どのような立ち位置で価値を提供するのかを分析する手法で、事業戦略やマーケティング戦略の立案などでよく活用される分析手法です。

「Segmentation(セグメンテーション)」

市場・顧客を以下のような切り口・基準で分類して、特定の属性ごとのグループに細分化します。

  • ジオグラフィック(年齢、性別、年収、職業など)
  • ジオグラフィック(国、都道府県、市区町村など)
  • サイコグラフィック(興味・関心、ライフスタイル、趣味、価値観など)
  • ビヘイビアル(購買頻度や使用用途、利用状況や購買サイクルなど)

「Targeting(ターゲティング)」

「Targeting(ターゲティング)」は、上述の「Segmentation(セグメンテーション)」で細分化した顧客グループの中から、自社がターゲットとする顧客グループを特定することです。
「Targeting(ターゲティング)」は、次の3つのパターンで絞り込みます。

  • 無差別型ターゲティング(セグメントに固執せずすべての層をターゲットとする)
  • 差別型ターゲティング(複数のセグメントに、それぞれに合った商材を提供する)
  • 集中型ターゲティング(限られた層のみに集中して商材を提供する)

「Positioning(ポジショニング)」

上述の「Targeting(ターゲティング)」で定めた顧客グループに対して、顧客の課題・ニーズのリサーチ結果や競合分析、自社のUSPを踏まえて、自社のポジション(立ち位置)を決定します。

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「4P分析」を行う方法とプロンプト

「4P分析」とは、

  • 「Product(サービス・商品)」
  • 「Price(価格・価値)」
  • 「Place(流通・販路)」
  • 「Promotion(販促・認知)」

の頭文字をとって名付けられ、マーケティング戦略の立案などでよく活用される有名な分析手法です。
「マーケティングミックス」と呼ばれることもあります。

「Product(サービス・商品)」

STP分析のターゲティングで定めた顧客に対して、どのようなサービス・商品を提供するかを検討します。

「Price(価格・価値)」

上述で決定したProduct(サービス・商品)を、いくらで販売するのかを決定します。
価格を検討するにあたっては、以下の3つの視点で分析する必要があります。

  • 顧客視点(顧客はどの程度の価値を感じているか)
  • 競合視点(競合サービス・商品の価格はいくらか)
  • 自社視点(コスト構造などを踏まえていくらなら利益が出るか)

「Place(流通・販路)」

次に、自社のサービス・商品をどのように販売するか(販売チャネル・流通経路)を検討します。
次のような、菊池・基準で考えるといいでしょう。

  • 直販か代理店販売か
  • 全国販売か地域限定販売か
  • ネット販売か対面販売か

「Promotion(販促・認知)」

最後に、上述の「Product(サービス・商品)」、「Price(価格・価値)」、「Place(流通・販路)」を踏まえて、どのような訴求軸で、どのように認知を得て集客して(広告、オーガニック、アウトバウンド、インバウンドなど)、販売促進するかなどを検討します。

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して「4C分析」を行う方法とプロンプト

「4C分析」とは、顧客が商品・サービスを購入する際に重要な4つの要因

  • 「Customer Value(顧客価値)」
  • 「Cost(コスト)」
  • 「Convenience(利便性)」
  • 「Communication(コミュニケーション)」

の頭文字をとって名付けられ、新規事業の立案やマーケティング戦略の立案などにおいて「4P分析」と並んでよく活用される分析手法です。

上述の「4P分析」が提供者(企業)視点の分析だったのに対して、「4C分析」は顧客視点で分析する手法です。

Customer Value(顧客価値)

顧客が対象のサービス・商品に対して、どのような価値を感じているのかを意味します。
顧客が感じる価値には次のようなものがあります。

  • そのサービス・商品の利用によって、どれだけの収益が上がったか
  • そのサービス・商品の利用によって、どれだけのコストが下がったか
  • 便利さ
  • カスタマーサービスの充実さ
  • 安心
  • 希少性

Cost(コスト)

対象のサービス・商品に対して顧客側に発生するコストです。対象のサービス・商品の価格に加えて、そのサービス・商品を購入するための作業などの金銭面以外の負担も含まれます。

Convenience(利便性)

顧客が対象のサービス・商品をいかに容易に購入できるかを意味します。
顧客にとって、家から3分のコンビニで手軽に購入できるのか、あるいは家から1時間以上かかる大型ショッピングモールでないと購入できないのか、によって対象のサービス・商品の購買行動には大きな影響があります。他にも、昨今ではネットで手軽に購入できるかどうか、というのも重要なポイントでしょう。

Communication(コミュニケーション)

サービス・商品を提供する企業と顧客のコミュニケーションです。
例えば、店舗で販売員とのコミュニケーションなのか、TVCMなどのマス広告が中心なのか、SNSによる双方向のコミュニケーションなのか、といったコミュニケーション手段は対象のサービス・商品によって最適な方法が異なります。

具体的な新規事業案に関してChatGPTで分析する方法とプロンプト(コピペ可)については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ChatGPTを活用して事業分析を行うコツ

上記では7つのフレームワークで事業分析を行う方法とプロンプトを解説しましたが、ChatGPTを活用して事業分析を行うコツを以下の2つ解説します。

  • コツ1.プロンプトにできるだけ具体的な情報を入力する
  • コツ2.1回の出力結果で終わらさずに対話を繰り返して分析を深掘りする

コツ1.プロンプトにできるだけ具体的な情報を入力する

検討する新規事業に関する情報をできるだけ多く、わかりやすく簡潔に入力するようにしましょう。

具体的な情報が入力されていない場合、ChatGPTが勝手に創作したり誤解して誤った情報を生成してしまうことがありますし、具体的な情報を入れた方が分析の精度が高まります。

具体的な情報を記載する際のコツとしては、だらだらと文章で書くよりは、簡潔な文章で箇条書きで記載する方がChatGPTが情報を正しく認識しやすいです。

ただし、ChatGPTは入力された情報を学習して第三者に漏えいしてしまうリスクがあるため、入力する情報は公開情報に限定するようにしましょう。

コツ2.1回の出力結果で終わらさずに対話を繰り返して分析を深掘りする

ChatGPTは、入力情報を誤って認識したり不足情報を補って誤った分析をしてしまうことがあるので、その場合は認識が誤っている点をChatGPTにフィードバックするようにしましょう。
ChatGPTはフィードバックの情報をもとに、その点を修正して事業分析をやり直してくれます。

ChatGPTからの1回の出力結果だけで終えずに、出力結果をもとにChatGPTと対話することでより深く精度の高い事業分析を行うことができます。

ChatGPTを活用して事業分析を行うメリット

フレームワークを用いて事業分析を行うのにChatGPTを活用するメリットは次の2つがあります。

メリット1.アイデア出しやブレスト相手になってくれる
メリット2.事業分析を効率化して時間を削減できる

メリット1.アイデア出しやブレスト相手になってくれる

事業分析を一人で行っていると、思考が偏ったり硬直化してしまい、新しい着眼点や気づきを発見しづらくなったり、重要なポイントを見落としてしまったりすることがあります。
そんな時は、一人で考え続けずに同僚や上司とブレストしてみたら、新しい発見があった、なんていう経験をした方も多いのではないでしょうか。

ChatGPTは優秀な同僚や上司のように、あなたの良き相談相手・ブレスト相手になってくれます。

ChatGPTを相手に事業戦略についてのブレスト・ディスカッションを行うことで、自分一人では気づかなかった新しい視点や切り口を発見することができるでしょう

メリット2.分析を効率化して時間を削減できる

事業分析には、多くの労力と時間がかかります。

そんな事業分析の作業も、ChatGPTを活用することで一瞬で叩き台を作成してくれるので、それをもとに自分の調査・分析を加える方が全体の作業が効率化できて、時間を削減することができるかもしれません。

もちろん、全ての分析をChatGPT任せにするのではなく、ChatGPTに出力させた結果をもとにChatGPTと対話を繰り返しで分析を深めたり、自ら1次ソースの情報源を調査するなどして自らも調査・分析することが重要です。


ChatGPTを活用して事業分析を行う際の留意点

事業分析にChatGPTを活用するのはメリットもありますが、留意すべきポイントもあります。

留意点1.誤った情報を作成することがある
留意点2.2021年9月までのデータしか認識していない
留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

留意点1.誤った情報を作成することがある

ChatGPTはときには、入力した情報を誤って認識したり、誤った情報・内容を創作してしまうことがあります。

上述の「プロンプトのコツ」でも解説した通り出来るだけ具体的な情報をわかりやすくプロンプトに含めることで、ChatGPTが誤った情報を創作してしまうリスクを軽減できますが、その可能性を「ゼロ」にすることはできません。

したがって、ChatGPTの出力結果を鵜呑みにせずに、「出力内容に誤りがないか」、「誤った認識をしていないか」など必ず自分の目で確認するようにしましょう

留意点2.2021年9月までのデータしか認識していない

ChatGPTは2021年9月までのインターネット上の情報を学習したAIモデルのため、2021年9月以降の最新情報を認識していません。

そのため、事業分析に影響を与えるような2021年以降の情報・トレンドや競合他社の情報は考慮できない点を認識した上で活用する必要があります。

分析の前提となる重要な情報については、自ら1次ソースの情報源をあたるなどして調査・確認するようにしましょう。

留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

ChatGPTに入力する情報は、ChatGPTを開発するOpenAI社のAIモデルの学習に活用される可能性があることがChatGPTの利用規約に明記されています。

つまり、ChatGPTに入力した顧客情報・個人情報や自社の機密情報などがAIモデルの学習の結果、第三者に漏えいしてしまうリスクがあるのです。

したがって、ChatGPT(プロンプト)には顧客情報、個人情報、自社の機密情報は絶対に入力しないようにしましょう


最後に

この記事は、ChatGPTを活用して事業戦略立案・分析を行う方法を具体的なプロンプトつきで解説しました。

事業戦略の立案・分析や経営企画・事業企画に従事する方は、ぜひChatGPTを活用してみてください。

ChatGPTを活用して、事業戦略立案や事業分析のクオリティ向上と作業の効率化を実現しましょう。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。

ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。