ChatGPTで商品・サービスのネーミングを行う方法とプロンプトを解説!

📁
ChatGPTで商品・サービスのネーミングを行う方法とプロンプトを解説!

自社の新商品・サービスをリリースする際に、重要なことの一つが新商品・サービスのネーミングです。

「のどぬ~るスプレー」「熱さまシート」「アンメルツヨコヨコ」など絶妙なネーミングセンスで有名な小林製薬の小林会長は、自身の著書の中で商品開発で重視している4つのポイントの一つとして「ネーミング」を挙げるほど、ネーミングを重視しています。

しかし、小林製薬のようにキャッチーで覚えやすいネーミングを考案するのは、よほどネーミングに慣れている人以外にとっては困難です。

そんな新商品・サービスのネーミングも、ChatGPTは役に立ちます。

この記事では、新商品・サービスのネーミングでChatGPTを使う方法と具体的なプロンプト(コピペ可)を3つの事例つきで詳しく解説します。

どんな商品・サービスでもネーミングできる汎用的なプロンプトなので、ぜひ試してみてください。

ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行う方法とプロンプト

ChatGPTを使って、新商品・サービスのネーミングを出す方法と具体的なプロンプトを解説します。

  • 新商品・サービスのネーミングを行うプロンプト
  • ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行うコツ

新商品・サービスのネーミングを行うプロンプト

新商品・サービスのネーミングを行う汎用プロンプト

商品・サービスどちらも共通で使える汎用的なプロンプトをご紹介します。
{ }の箇所に追記することで、あなたが担当する新商品・サービスに適したネーミングを提案してくれます。
コピペしてぜひ試してみてください。

▼新商品・サービスのネーミングを作成する汎用プロンプト

あなたは世界で最高峰のブランディングマネージャーです。
以下の内容を忠実に守って、新しく発売する商品・サービスのネーミングを考えてください。

#新しく発売する商品・サービス情報
・商品・サービスのカテゴリー:{ここに記入}
・商品・サービスの特長:{ここに記入}
・商品・サービスのターゲット:{ここに記入}
・商品・サービスのブランドイメージ: {ここに記入}

#制約条件
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のカテゴリーだと直感的に伝わるようなわかりやすいネーミングであること。
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のブランドイメージに合ったネーミングであること。
・キャッチーでインパクトのあるネーミングであること。
・語感が良く、覚えやすいネーミングであること。
・文字数は3文字~8文字であること。
・10個のネーミングを作成してください。
・多様な視点・切り口からネーミングを作成すること。

#出力形式
・提案するネーミング案、提案理由、プラス面、マイナス面について出力してください。
・おすすめ順で出力してください。

次に、以下の3つの新商品・サービスに関して、どのようなネーミング案を提案してくれるのか、ChatGPTの実際の出力結果を見てみましょう。

  • 事例1.新しい紅茶飲料品のネーミングを出すプロンプト
  • 事例2.新しい頭皮マッサージ店のネーミングを出すプロンプト
  • 事例3.M&Aに特化したWEBメディアのネーミングを出すプロンプト

事例1.新しい紅茶飲料品のネーミングを行うプロンプト

▼プロンプト例はこちら

あなたは世界で最高峰のブランディングマネージャーです。
以下の内容を忠実に守って、新しく発売する商品・サービスのネーミングを考えてください。

#新しく発売する商品・サービス情報
・商品・サービスのカテゴリー:自動販売機・コンビ・スーパーなどで販売する紅茶飲料
・商品・サービスの特長:最高級の茶葉を利用・香り高く、従来の商品よりも高級
・商品・サービスのターゲット:オフィス街のビジネスパーソン
・商品・サービスのブランドイメージ:高級感・リッチ感

#制約条件
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のカテゴリーだと直感的に伝わるようなわかりやすいネーミングであること。
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のブランドイメージに合ったネーミングであること。
・キャッチーでインパクトのあるネーミングであること。
・語感が良く、覚えやすいネーミングであること。
・文字数は3文字~8文字であること。
・10個のネーミングを作成してください。
・多様な視点・切り口からネーミングを作成すること。

#出力形式
・提案するネーミング案、提案理由、プラス面、マイナス面について出力してください。
・おすすめ順で出力してください。

▼ChatGPTの実際の出力結果はこちら。

ChatGPTで商品・サービスのネーミングを出すプロンプトの結果(紅茶飲料)

事例2.新しい頭皮マッサージ店のネーミングを行うプロンプト

▼プロンプト例はこちら

あなたは世界で最高峰のブランディングマネージャーです。
以下の内容を忠実に守って、新しく発売する商品・サービスのネーミングを考えてください。

#新しく発売する商品・サービス情報
・商品・サービスのカテゴリー:頭皮マッサージ専門店
・商品・サービスの特長:頭皮マッサージに特化したマッサージ店。仕事中の休憩や癒しとして利用されるイメージ。
・商品・サービスのターゲット:オフィス街のビジネスパーソン
・商品・サービスのブランドイメージ:癒し・親しみやすさ

#制約条件
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のカテゴリーだと直感的に伝わるようなわかりやすいネーミングであること。
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のブランドイメージに合ったネーミングであること。
・キャッチーでインパクトのあるネーミングであること。
・語感が良く、覚えやすいネーミングであること。
・文字数は3文字~8文字であること。
・10個のネーミングを作成してください。
・多様な視点・切り口からネーミングを作成すること。

#出力形式
・提案するネーミング案、提案理由、プラス面、マイナス面について出力してください。
・おすすめ順で出力してください。

▼ChatGPTの実際の出力結果はこちら。

ChatGPTで商品・サービスのネーミングを出すプロンプトの結果(頭皮マッサージ)

事例3.M&Aに特化したWEBメディアのネーミングを行うプロンプト

▼プロンプト例はこちら

あなたは世界で最高峰のブランディングマネージャーです。
以下の内容を忠実に守って、新しく発売する商品・サービスのネーミングを考えてください。

#新しく発売する商品・サービス情報
・商品・サービスのカテゴリー:M&Aに特化したWebメディア
・商品・サービスの特長:M&Aによる会社売却・事業承継を考える企業オーナー向けに、おすすめのM&A仲介会社の紹介や、M&Aに関するお役立ち情報を発信する。
・商品・サービスのターゲット:M&Aによる会社売却・事業承継を考える中小企業オーナー・経営者 ・商品・サービスのブランドイメージ:

#制約条件
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のカテゴリーだと直感的に伝わるようなわかりやすいネーミングであること。
・””#新しく発売する商品・サービス情報””のブランドイメージに合ったネーミングであること。
・キャッチーでインパクトのあるネーミングであること。
・語感が良く、覚えやすいネーミングであること。
・文字数は3文字~8文字であること。
・10個のネーミングを作成してください。
・多様な視点・切り口からネーミングを作成すること。

#出力形式
・提案するネーミング案、提案理由、プラス面、マイナス面について出力してください。
・おすすめ順で出力してください。

▼ChatGPTの実際の出力結果はこちら。

ChatGPTで商品・サービスのネーミングを出すプロンプトの結果(M&A特化WEBメディア)

いかがでしょうか。いずれもそれっぽい商品名・サービスのネーミングを提案してくれました。いくつかはそのまま使えそうなレベルです。

提案してくれた10個のネーミング案で満足いくものが無い場合は、希望するニュアンスやトーンを追加で伝えた上で改めて10個提案するようにChatGPTに指示してみるといいでしょう。

ChatGPTが提案しれくれるネーミング案そのものでなくとも、ワードの組み合わせなど新しい発想やヒントを得られることがあるでしょう。

ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを出すコツ

上記ではChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを出す方法とプロンプトを解説しましたが、ChatGPTを活用して良いネーミングを考案するコツを解説します。

  • コツ1.プロンプトにできるだけ具体的な情報を入力する
  • コツ2.ChatGPTの出力結果をそのまま使うのではなく新しいアイデアやヒントとして使う

コツ1.プロンプトにできるだけ具体的な情報を入力する

新商品・サービスの特長、ターゲット、ブランドイメージ、場合によっては活用シーンなどできるだけ具体的な情報を与えるようにしましょう。

具体的な情報を与える方が、対象の新商品・サービスに合ったネーミングを提案してくれるようになります。
具体的な情報を記載する際のコツとしては、だらだらと文章で書くよりは、簡潔な文章で箇条書きで記載する方がChatGPTが情報を正しく認識しやすいです。

ただし、ChatGPTは入力された情報を学習して第三者に漏えいしてしまうリスクがあるため、入力する情報は公開情報に限定するようにしましょう。

コツ2.ChatGPTの出力結果をそのまま使うのではなく新しいアイデアやヒントとして使う

上述の結果で見たように、ChatGPTはそれなりのネーミングを提案してくれますが、そのまま鵜呑みにして使うのではなく、自分のアイデアと組み合わせることで、より良いネーミングを出しやすくなるでしょう。

例えば、自分で思いついた単語(例えば「NAVI」など)をネーミングに入れたい場合、ChatGPTに「NAVIという単語を入れたネーミングを提案して」といったような指示をすれば、あなたのアイデアとChatGPTのアイデアを組み合わせることで独創的なネーミングを出せることがあるでしょう。


ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行うメリット

新商品・サービスのネーミングにChatGPTを活用するメリットは次の2つがあります。

メリット1.アイデア出しやブレスト相手になってくれる
メリット2.ネーミングの作業を効率化できる

メリット1.アイデア出しやブレスト相手になってくれる

ひとりでネーミングを考えていると、ワードや表現に偏りがあったり発想が狭くなってしまって、新しいアイデアが生まれずに困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな時は、一人で考えずに同僚や上司とブレストしてみたら、良いアイデアが出た、なんていう経験をした方も多いと思います。

ChatGPTは、同僚や上司の代わりにあなたの良き相談相手・ブレスト相手になってくれます。

ChatGPTに新しいアイデアを求めたり、自分のアイデアをぶつけてみることで、自分一人では気づかなかった新しい視点や切り口、ワードが見つかり、より良いネーミングを考案することができるでしょう

メリット2.ネーミングの作業を効率化できる

自分ひとりで新商品・サービスのネーミングを考えるよりも、ChatGPTのアイデアを活用したり、自分のアイデアをChatGPTと対話・ブレストしながら考える方が、一人で考え込む時間を減らして効率的にネーミングを考案することができるでしょう。

ひとりで考え込んでしまった時は、まずはChatGPTと対話してみましょう。ブレイクスルーのヒントが得られるはずです。

ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行う際の留意点

新商品・サービスのネーミングにChatGPTを活用するのはメリットもありますが、留意すべきポイントもあります。

留意点.他社の商品・サービス名の商標権の侵害にならないか確認する

ChatGPTは、それっぽいネーミングを考案してくれるからこそ、他社で既に使用されている商標と同じ又は類似しているネーミングを提案してしまう恐れがあります。

他社と同じ又は類似した商標を使ってしまうと、商標権の侵害にあたり大きな問題になってしまいますので、ChatGPTが提案したネーミングはそのまま使わずに、商標権の確認など必ず自分で確認するようにしましょう

最後に

この記事は、ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行う方法と具体的なプロンプトを解説しました。

新商品・サービスのネーミングは非常に重要ですが、慣れていない殆どのビジネスパーソンにとっては、良いネーミングのアイデアを出すのは難しいでしょう。

これから新商品・サービスのネーミングを考えないといけない方は、この記事を参考にしてChatGPTを活用してみましょう。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。

ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。