【完全版】ECサイトの業務を効率化するChatGPT活用方法12選を徹底解説!

📁
【完全版】ECサイトの業務を効率化するChatGPT活用方法12選を徹底解説!

「ECサイトの運営でChatGPTって役に立つの?」
「ChatGPTを使ってECサイトの仕事を効率化したい・・・」
「ECサイトの仕事にChatGPTをどう活用したらいいのかわからない・・・」
とお悩みのECサイト運営に従事される方も多いのではないでしょうか。

ECサイト運営では、商品企画、仕入れ・製造、ECサイト運用、マーケティング、受注処理、在庫管理、出荷、配送、アフターフォローなど多岐にわたる業務が行われていますが、ECサイト運営業務の多くはChatGPTの活用によって業務効率を大幅にアップすることができます。
本記事では、ECサイト運営を超効率化するChatGPTの活用方法12選について詳しく解説します。

ECサイト運営に従事される方は、ぜひ参考にしてください。

ECサイトの業務を効率化するChatGPT活用方法12選

ECサイトの運営には、商品企画、仕入れ・製造、ECサイト運用、マーケティング、受注処理、在庫管理、出荷、配送、アフターフォローなど多くの作業がありますが、ChatGPTを活用することで業務効率を大幅にUPすることができます。

ECサイトの運営業務において、特に効果的なChatGPT活用法について、詳しく解説します。

  • 活用方法1. 商品企画
  • 活用方法2. 新商品・サービス名のネーミング
  • 活用方法3. 商品・サービスのキャッチコピーのアイデアを出す
  • 活用方法4. 商品説明の作成
  • 活用方法5. マーケティング戦略の立案
  • 活用方法6. 広告クリエイティブの作成
  • 活用方法7. 広告効果の分析
  • 活用方法8. ユーザーへの商品レコメンド
  • 活用方法9. カスタマサーサポート
  • 活用方法10.FAQの作成
  • 活用方法11.コンテンツマーケティングにおける記事作成
  • 活用方法12.メルマガの作成

活用方法1. 商品企画

新商品の企画において、最初に市場調査が重要とされますが、ChatGPTはこの点でも大いに役立ちます。
例えば、ChatGPTに過去の販売データやカスタマーレビューを分析させることで、現在の市場で求められている特性や価格帯を明らかにすることができます。これにより、企画段階での方向性がしっかりと見える化されます。

次に、商品のコンセプト作成ですが、ここでもChatGPTのブレインストーミング能力が活かされます。
具体的には、市場調査で明らかになった情報をもとに、ChatGPTががいくつかの商品コンセプトを生成します。この段階でのAIのアイデアは、従業員が思いつかないような新しい視点やアプローチを提供できます。これらのChatGPTによる提案を元に、チーム内での議論が深まり、より質の高い商品コンセプトが生まれる可能性が高まります。

また、製品開発のスケジュール作成やリソースの配分にも、ChatGPTは有用です。過去の成功事例や失敗事例を分析し、それに基づいて最適な開発スケジュールやリソース配分を提案することができます。

このように、新商品の企画においてChatGPTは市場調査からコンセプト作成、さらにはスケジュール設定に至るまで多角的に活用することができます。人の力に加えてChatGPTの力を借りることで、より効率的で質の高い商品企画が可能になります。

活用方法2.新商品・サービス名のネーミング

新商品・サービスの企画において、新商品・サービスのネーミングを考える必要があります。
ChatGPTの活用によってこのプロセスを効率化することができます。

まず、ChatGPTは自社のECショップのブランドや取扱い商品に適した多数の名前のアイデアを短時間で生成できます。これにより、担当者はクリエイティブな部分により集中することができ、一方で時間のかかるブレーンストーミングのセッションを減らすことができます。
加えて、ChatGPTは過去に成功した商品やサービスの名前、そしてその要素を分析し、それを参考に新しい命名の提案が可能です。これは、担当者が新しい名前が市場でどのように受け入れられるかについての洞察を得るのに役立ちます。さらに、ChatGPTはA/Bテストに必要な異なる名前のバリエーションを速やかに生成する能力も持っています。これによって、より確実に市場に適した名前を選ぶことができます。

これらの活用方法により、ChatGPTはECサイトの新商品・サービス名のネーミングにおいて、効率を大きく向上させることができます。

ChatGPTを活用して新商品・サービスのネーミングを行う具体的な方法とプロンプトについては以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

活用方法3.商品・サービスのキャッチコピーのアイデアを出す

新製品やサービスを市場に投入する際や新しい広告・キャンペーンにおいて、商品・サービスの魅力を伝えるキャッチコピーを決める必要があります。
ChatGPTの活用は、この作業を効率化します。

まず、ChatGPTはデータベースに蓄積された以前の成功したキャッチコピーや、業界のトレンドに基づいて、多くのアイデアを自動的に生成することができます。
さらに、ChatGPTは過去のキャンペーンデータや消費者の反応を分析し、それに基づいて新しいキャッチコピーの提案を行うことも可能です。これは、担当者が消費者のニーズにより的確に応え、効果的なキャンペーンを展開するのに役立ちます。

これらの活用方法により、ChatGPTはECショップにおけるキャッチコピー作成の効率を大幅に向上させ、より成功したキャンペーンの展開を可能にします。

ChatGPTを活用してキャッチコピーのアイデアを出す具体的な方法とプロンプトについては以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

活用方法4. 商品説明の作成

ECショップでは、取扱い商品の魅力を消費者に効果的に伝える商品紹介の文章作成に多くの時間とリソースを投入しています。
ChatGPTを活用することで、この作業を高度に効率化し、より高品質な文章を生み出すことができるでしょう。

まず、ChatGPTは商品・サービスの特性や利点、ターゲット層に合わせて、複数の文章バリエーションを素早く生成することができます。
また、ChatGPTは過去の成功した商品紹介文や市場調査のデータを分析して、それに基づいて新しい文章を作成することもできます。これが意味するのは、部署が過去の成功を踏まえつつ、よりターゲットに対して効果的なメッセージを送る能力が高まるということです。さらに、消費者の声や反応のデータをChatGPTにインプットして分析させることで、文章の改善点を自動的に指摘することができます。これにより、商品紹介の文章は最適化され続け、高いコンバージョン率を実現することが期待されます。

これらの活用方法により、ChatGPTはECショップにおける商品説明の品質と効率を大幅に向上させることができます。

活用方法5.マーケティング戦略の立案

ECショップにおいては、自社商材に合ったマーケティング戦略の立案が極めて重要です。
ChatGPTの活用によって、マーケティング戦略の立案プロセスの効率化による負荷の軽減だけでなく、戦略の精度向上や市場での競争力の強化も期待できます。

例えば、マーケティング戦略の立案において最初に考慮するべきは、対象商品・サービスのセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングです。これらのステップはSTP分析として知られています。 ChatGPTは、このSTP分析を効率的に行うお手伝いをします。

参考記事:【事例付き】ChatGPTを活用して新規事業案を「STP分析」する方法とプロンプトを解説!

さらに、マーケティング戦略の立案には、広告・キャンペーン内容だけでなく、4P(製品、価格、プロモーション、場所)や4C(顧客、コスト、便益、コミュニケーション)といったマーケティングミックスの考慮が欠かせません。
ChatGPTを使うことで、これらのマーケティングミックスに対する4P分析や4C分析を効率よく行うことができます。

参考記事:【事例付き】ChatGPTを活用してマーケティング戦略を「4P分析」する方法とプロンプトを解説!

参考記事:【事例付き】ChatGPTを活用してマーケティング戦略を「4C分析」する方法とプロンプトを解説!

このように、マーケティング戦略立案のプロセスにChatGPTを活用することで、マーケティング戦略の立案が効率化されるだけでなく、より高品質な戦略を迅速に形成できるでしょう。

活用方法6.広告クリエイティブの作成

自社の商材の魅力を伝え、製品やサービスへの関心を高めて顧客を引きつけるためには、魅力的な広告クリエイティブの作成が欠かせません。
ChatGPTの活用によって、このプロセスを大幅に効率化し、より洗練された広告クリエイティブを制作することができます。

まず、ChatGPTは広告のテキスト要素、例えばヘッドラインや説明文、キャッチフレーズを迅速に生成することができます。これにより、広告担当者は多くのパターンを短期間で試すことができ、最も効果的なものを選定する時間を節約できます。さらに、ChatGPTは過去の広告キャンペーンのデータを分析し、何が成功したのかを理解することも可能です。この情報を基に、新しい広告クリエイティブの方向性を見つけることができます。

これらの活用方法を通じて、ChatGPTは広告クリエイティブの質と効率性を大幅に高めることができるでしょう。

活用方法7.広告効果の分析

広告のパフォーマンスを最大化するには、広告クリエイティブの作成だけでなく、日々の広告データや顧客フィードバック等をもとに広告効果を分析して、PDCAを回すことが重要です。
ChatGPTは広告効果の分析作業を効率化するとともに、広告の精度やパフォーマンスの向上も実現することが期待できます。

まず、ChatGPTは膨大な広告データから関連性の高い情報を抽出して分析する能力があります。これによって、広告担当者はデータ解析にかかる時間を大幅に短縮し、より高度な戦略立案や他の業務に集中することができます。また、ChatGPTは過去の広告キャンペーンの結果を詳細に分析し、成功要因や改善点を明確にすることができます。この機能は、次回の広告戦略をより洗練されたものにするために非常に価値があります。
さらに、広告のパフォーマンスのデータをChatGPTにインプットして分析させることで、広告の課題を発見し改善案を提示することが可能です。
また、ChatGPTは社内報告用の広告のパフォーマンスに関するレポート作成も効率化することができます。

総じて、ChatGPTの活用によって、広告分析の精度と効率性が大幅に向上することが期待されます。

活用方法8. ユーザーへの商品レコメンド

ChatGPTはECショップのユーザーに対する最適な商品のレコメンド・提案機能として活用することもできます。

まず、ChatGPT(API)を自社のECショップに連携させることで、ECショップへの訪問ユーザーに対して、自然な対話形式で「ユーザーがサイトで何を探しているのか」、「どのような趣味や興味があるのか」を聞き出すことで、よりパーソナライズされた商品の提案ができます。こうした対話によって、単なるキーワード検索以上の精度で商品をマッチングすることが期待できます。
次に、ChatGPTと過去の購入履歴や閲覧履歴のデータベースを連携させることで、それらのデータを解析して、個々のユーザーが興味を持ちそうな商品を自動で選出し、タイムリーな提案を行うことが可能です。特に、この自動化は大量のユーザーデータを処理する必要がある場合に非常に効率的です。

大きなメリットとしては、これらのプロセスが自動化されることで、人手がかからずに多くのユーザーに対して高度な商品提案が可能になる点が挙げられます。また、ChatGPTが提供する提案は定量的なデータに基づいているため、高いコンバージョン率が期待できるでしょう。

活用方法9. カスタマサーサポート

ChatGPTはECショップのカスタマーサポートとして活用することもできます。

最初に、よくある質問やトラブルに対する基本的な受付や1次応答をChatGPTが行うことで、有人による問い合わせ対応工数を削減することができます。例えば、「返品方法を教えてください」「送料はいくらですか?」といった基本的な質問や、「○○商品はいくら入荷しますか?」といった在庫状況に関する質問など、頻繁に顧客から寄せられる質問に対して、ChatGPTは即座に回答を提供することができます。

さらに、ChatGPT(API)にユーザーの購入履歴や過去の問い合わせ履歴のデータべースを連携させることで、これらのデータを活用して問い合わせに対して具体的かつ適切な解決策を提案することが可能です。例えば、ある商品に関する不具合が多く報告されている場合、ChatGPTはその情報を基にしてユーザーに対し迅速なサポートや補償方法を案内することができます。

メリットとしては、24時間365日の対応が可能となります。これにより、顧客満足度が向上する可能性が高く、同時に社員が対応しなければならない問い合わせの数も大幅に削減できます。また、ChatGPTは多言語対応も可能なため、海外からの問い合わせにも柔軟に対応できます。
総じて、ChatGPTの活用によって、カスタマーサポート業務が高度に自動化され、コスト削減と顧客満足度の向上が実現できるでしょう。

活用方法10.FAQの作成

ChatGPTを活用して、FAQの作成を自動化することもできます。

ChatGPTに、過去に寄せられた顧客からの問い合わせや内部データをインプットして分析させることで、よくある質問や疑問点を抽出できます。その後、それらの質問に対する明確かつ詳細な回答を生成し、FAQページに掲載することが可能です。このような過程を自動化することで、FAQの更新が迅速かつ効率的に行えます。また、ChatGPTは自然言語処理の技術を駆使して、同じような質問でも異なる表現や言い回しに対応することができます。この機能により、ユーザーが求める情報にすばやくアクセスできるようになり、ユーザー体験が向上します。

メリットとしては、FAQの作成と更新に要する時間と労力が大幅に削減されることが最大の利点です。これにより、スタッフが他の重要な業務に集中でき、全体としての業務効率が向上します。さらに、FAQが充実することで、顧客からの同じような問い合わせが減少し、カスタマーサポートの負担も軽減されます。
このように、ChatGPTを用いることで、FAQの作成が効率的に、かつユーザーが求める形で行えるため、顧客満足度の向上と運営コストの削減が実現できます。

活用方法11.コンテンツマーケティングにおける記事作成

コンテンツマーケティングに取り組むECショップにとって、記事コンテンツの作成は時間と労力のかかる作業です。
ChatGPTは、記事作成にかかる時間の削減と品質向上に貢献します。

最初に、ChatGPTは既存のデータやインサイトからオウンドメディアのテーマに関連性の高いトピックを提案することができます。これにより、担当者は顧客の興味を引く記事のアイデアを効率よく見つけ出すことができます。次に、ChatGPTはそのトピックに基づいて、記事タイトル案や構成、中身の文章のドラフトを作成することが可能です。また、ライターが作成した文章の校正によって誤字脱字を発見したり、表現や言い回しを改善する提案をしてくれます。これによって、担当者はより深いリサーチや記事のブラッシュアップに時間を割くことができます。

このようにして、ChatGPTはコンテンツマーケティングにおける記事作成の各段階で大いに役立ち、ECショップにおける記事作成・ディレクション業務を効率化することが可能です。

活用方法12.メルマガの作成

メルマガは、顧客エンゲージメントとロイヤリティを高めるための重要な手段です。
ChatGPTを活用することで、メルマガの作成業務が大幅に効率化されます。

まず、ChatGPTは過去のメルマガや顧客データを分析して、どのような内容やトピックが読者に受け入れられやすいかを判断できます。この分析に基づいて、読者の関心に合ったメルマガのネタのアイデアを自動で多数提案することができます。続いて、ChatGPTはメルマガの初稿や魅力的なタイトル案を自動生成することができます。これにより、スタッフはすべてをイチから手作業で作成するのに比べて作業時間を大幅に削減することができます。
さらに、ChatGPTはA/Bテストの設計もサポート可能です。具体的には、異なるタイトルやCTAボタンを生成し、どれがより高いクリック率や開封率を持つかをテストするのに役立ちます。最後に、メルマガの配信後に得られるデータをChatGPTに与えることで、メルマガの効果を分析して次回の効果的なメルマガ作成に役立つアイデアやインサイトを提供することができるでしょう。

以上のように、ChatGPTの活用により、メルマガの作成はより効率的かつ効果的に行うことができます。

ChatGPTを活用して、メルマガのネタ出し、タイトルや本文を作成する具体的な方法とプロンプトについては以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。


ECサイトにおけるChatGPT活用のメリット

ECサイト運営業務におけるChatGPT活用のメリットは次の2つがあります。

  • メリット1.ECサイト運営業務の効率化
  • メリット2.ECサイトの売上アップ

メリット1.ECサイト運営業務の効率化

ChatGPTの活用は、ECサイト運営業務における様々なタスクを効率化します。
商品企画では市場のニーズを効率的に把握でき、新商品の名前やキャッチコピーも短期間で多角的なアイデアを出せます。商品説明や広告クリエイティブの文案も、高品質かつ効率的に生成できるため、スピーディに新商品の販売が可能となるでしょう。

また、マーケティング戦略の立案や広告効果の分析にも役立ちます。特にデータの収集と解析が高速に行えるため、効果的な施策の立案と修正が速やかにできます。さらに、ユーザーへの商品レコメンドやカスタマーサポートも自動化し、顧客満足度を高めつつ運営コストを削減します。FAQの充実、コンテンツマーケティング、メルマガの作成においても、同様に時間とコストを効率的に使えます。

総じて、ChatGPTの活用はECサイト運営業務を多角的に効率化します。
これにより、ECサイトは質の高いサービスを効率的に提供しながら運営コストを削減でき、競争力を強化することができるでしょう。

メリット2.ECサイトの売上アップ

ChatGPTをECサイトの運営に活用することは、EC売上の向上にも多大な効果があります。

商品企画や新商品のネーミングから始めて、キャッチコピーや商品説明文の生成がスムーズに行えます。これによって、新商品が市場に出るスピードが早まり、より多くの商品を販売する機会が増えます。
また、マーケティング戦略の立案や広告クリエイティブの生成も効率化されるため、ターゲット層への訴求力が高まります。

さらに、商品の自動レコメンド機能は顧客一人ひとりのニーズに応じて商品を提示することができ、それが売上の拡大につながります。カスタマーサポートの自動化によっては、購入を迷っている顧客へのフォローがスムーズに行え、購入決断を促す場合もあります。FAQの充実は、顧客が抱える疑問を即座に解消できるため、購入への障壁が低くなります。
合わせて、コンテンツマーケティングやメルマガの効率的な作成も、顧客とのエンゲージメントを高め、リピート購入を促す重要な要素です。

以上のように、ChatGPTの活用はECサイトの売上アップに貢献します。


ECサイトにおけるChatGPT活用の留意点

ECサイト運営業務におけるChatGPT活用にはメリットが多くありますが、留意すべきポイントもあります。

  • 留意点1.誤った情報を生成する可能性がある
  • 留意点2.データが古い(2022年1月まで)
  • 留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

留意点1.誤った情報を生成する可能性がある

ChatGPTは非常に強力で便利なツールですが、「完璧」ではありません。
ときには誤った情報を創作したり、指示内容を誤ってしまうことがあります。

従って、ChatGPTを業務で活用する場合は、回答をそのまま鵜呑みにせずに、必ず人手による精査(ファクトチェック)や調整を加えることが不可欠です。

留意点2.データが古い(2022年1月まで)

ChatGPTは2022年1月までのインターネット上の情報を学習したAIモデルのため、それ以降の最新情報は把握していません。
そのため、2022年1月以降の最新情報の調査などではChatGPTを活用せずに、自ら信頼のおける情報源等で確認するようにしましょう。

そもそも、ChatGPTは「文章・コードの生成やチェック」や「データの分析」などを得意としており、情報の「検索」には不向きです。
ChatGPTを活用するにあたっては、これらの特性を踏まえ適切に活用することが重要です。

留意点3.顧客情報・個人情報や機密情報は入力しない

ChatGPTに入力する情報は、ChatGPTを開発するOpenAI社のAIモデルの学習に活用される可能性があることがChatGPTの利用規約に明記されています。

つまり、ChatGPTに入力した従業員や応募者などの個人情報や機密情報などがAIモデルの学習の結果、第三者に漏えいしてしまうリスクがあるのです。

したがって、ChatGPTを活用する際には、ChatGPT(プロンプト)に顧客情報、個人情報、機密情報は絶対に入力しないようにしましょう
特に、ECショップにおいては顧客の個人情報を多く取り扱うため、うっかり個人情報を入力してしまわないように注意しましょう


【あわせて読みたい】日本企業の導入・活用事例

日本企業におけるChatGPTの導入・活用事例はこちらの記事をご参考にしてください。


最後に

本記事は、ECサイトにおいて特に効果的なChatGPTの活用方法について詳しく解説しました。

ECサイト運営においては、商品企画、広告作成や運用、問い合わせ対応、在庫管理など多くの業務を運営する必要がありますが、ChatGPTを上手に活用することでECサイト運営業務の効率化による運営コストの削減や商品レコメンドや顧客フォローの充実化等による売上アップが実現できることがおわかりになったかと思います。

ECサイト運営に従事する方は、この記事を参考にしてChatGPTをフル活用して業務効率化と売上アップを実現しましょう。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。
ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。