【完全版】不動産業界のChatGPT活用方法13選と活用事例5選を徹底解説!

📁
【完全版】不動産業界のChatGPT活用方法13選と活用事例5選を徹底解説!

不動産会社・住宅会社においてChatGPTを導入して活用する事例が急速増えています。

「不動産会社・住宅会社でChayGPTって役に立つの?」
「不動産会社・住宅会社において業務を効率化できるChatGPTの活用方法は?」
「不動産業界でどのような会社がChatGPTを活用しているの?」
といった疑問や悩みの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、不動産業界に従事していてChatGPTの導入・活用に興味のある方に向けて、不動産業界におけるChatGPTの効果的な活用方法や実際の活用事例について詳しく解説します。

不動産業務におけるChatGPT活用の参考になれば幸いです。

不動産業界で効果が期待できるChatGPT活用方法13選

専門性や個別性の高い不動産業務ですが、ChatGPTを上手に活用することで大幅に業務効率化や売上アップを実現することが可能です。

不動産業界において大きな効果が期待できるChatGPT活用方法13選を以下で詳しく解説します。

  • 活用方法1.物件提案
  • 活用方法2.お問い合わせ対応
  • 活用方法3.来店・内見予約受付
  • 活用方法4.物件紹介分の作成
  • 活用方法5.ブログ記事作成
  • 活用方法6.メルマガ作成
  • 活用方法7.追客用メール作成
  • 活用方法8.契約書・重要事項説明書の作成補助
  • 活用方法9.不動産査定・評価
  • 活用方法10.ローン計算・返済表作成
  • 活用方法11.不動産投資物件の収益計算・利回り計算
  • 活用方法12.不動産専門用語解説
  • 活用方法13.不動産法令解説

活用方法1.不動産物件提案

不動産の購入や賃貸を検討する顧客から、不動産物件に関する住所・間取り・広さ・価格などの要望を会話形式で受取り、顧客の要望に合った不動産物件をAIが自動で提案できるようになります。

ChatGPTを活用することで、従来の物件「検索」では実現できなかった、顧客の「漠然」とした要望を会話形式で汲み取って提案を行うことができ、まるで不動産屋さんに対人で相談しているかようのような顧客体験を提供することが可能になります。

活用方法2.お問い合わせ対応

顧客からの不動産賃貸や売買に関することや、物件情報、ローン、契約に関することなどよくあるお問い合わせ(FAQ)を、ChatGPTが24時間365日受付・回答してくれるので、顧客体験の向上とお問い合わせ対応時間の削減を実現できます。

活用方法3.来店・内見予約

不動産の賃貸・売買を検討する顧客からの来店相談や内見の予約をチャット形式で365日24時間自動化することができます。
これにより、顧客は手軽に会話形式のチャットで来店・内見予約を行うことができ、来店・内見予約率の向上が期待できます。

活用方法4.物件紹介文の作成

不動産の物件紹介資料・マイソクや物件紹介ページにおける「おすすめポイント」などの文章をChatGPTが提案・作成してくれるので、効果の出る物件紹介文を作成できるとともに、作成時間を大幅に削減することが可能です。

活用方法5.ブログ記事作成

ChatGPTを活用することで、ブログ記事の作成時間を大幅に削減することが可能です。

ChatGPTに作成したいブログ記事のテーマやキーワードを指示することで、SEOに強いブログ記事の構成案の提案や本文の文章作成、読まれやすいタイトル案の提案、人が作成したブログ記事の校正まで行えるのでブログ記事の作成を効率化することが可能です。

活用方法6.メルマガ作成

顧客へのメルマガ配信を行っている場合は、ChatGPTを活用してメルマガのテーマのアイデアを考えたり、メルマガの文章作成、作成した文章の校正を行うことが可能です。

ChatGPTを活用してメルマガ作成の改善を行ったところ、クリック率が大幅に改善した事例もあります。

ChatGPTを活用してメルマガを作成する具体的な方法とプロンプトについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

活用方法7.追客用メール作成

不動産の賃貸・売買を検討中の顧客への追客メールの作成に時間が取れれてしまう営業マンの方も多いのではないでしょうか?

ChatGPTを活用することで、テンプレ通りの追客メールではなく、顧客の検討状況などに応じた「効果」のでる追客メールを自動作成することも可能です。

ChatGPTを活用してビジネスメールを作成する具体的な方法とプロンプトについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

活用方法8.契約書・重要事項説明書の作成補助やレビュー

契約書や重要事項説明書の作成やレビューにChatGPTを活用することも可能です。

ChatGPTの標準モデルのままでは実現が難しいですが、不動産売買契約書や重要事項説明書などの業界ひな形や不動産法務情報などをChatGPTに学習させてカスタマイズしたAIモデルを構築することで、これまで人手頼みだったドキュメント作成やチェックなどの業務を効率化して時間削減することが可能です。

活用方法9.不動産査定

ChatGPTは、ExcelやCSVやPDFなどの大量のデータを分析・処理することも可能です。

このため、査定物件と比較的条件が近い類似物件の成約事例や募集事例などの大量のデータをChatGPTに与えて分析させることで、簡易的な不動産査定を行うことも可能です。

活用方法10.ローン計算・返済シミュレーション

住宅ローンや投資用不動産ローンの返済シミュレーションをChatGPTで作成してExcelなどの形式で出力することが可能です。

特に、バリエーション豊富な投資用不動産ローンにおいて、元利均等と元金均等の返済シミュレーションを比較したり、毎月の元金返済額と利息返済額の内訳を確認したり、各年度ごとの借入残額を確認するなど顧客の求める内容・形式でローンの返済シミュレーションを簡単に行えるので、不動産営業担当者が顧客のローンに関するアドバイスも時間をかけずに行うことが可能になります。

活用方法11.投資用不動産物件の収益計算

投資用不動産物件の物件概要やレントロール、ローンなどの各種データをExcel、CSV、PDFなどの形式でChatGPTにアップロードして分析させることで、投資用不動産物件の収益計算や高度なキャッシュフローシミュレーションを高速で作成してExcelなどの形式で出力することが可能です。

活用方法12.不動産専門用語・業務知識の解説

ChatGPTを不動産会社の新人教育などに活用することも可能です。

ChatGPTに不動産や不動産業務に関する専門性の高い情報・知識を学習させてカスタマイズすることで、不動産会社の新人や経験の浅い担当者が不動産実務を行う上での疑問や不明点をChatGPTに質問して自己解決することが可能になります。

活用方法13.不動産法令解説

不動産関連法令などをChatGPTに学習させてカスタマイズすることで、不動産実務を行う中で法令や根拠条文を確認したい際に、ChatGPTに質問することで法的な問題の有無や根拠条文などおおよその参考的な確認を行うことが可能です。


不動産業界でChatGPTを活用するメリット

不動産業界でChatGPTを活用することで、業務効率化による生産性向上(売上アップ)や顧客体験の向上が期待できます。

メリット1.業務効率化による生産性向上

不動産業界では、営業活動以外にもたくさんの資料作成や調べもの、不動産売買や賃貸などの契約・決済に関する実務などの膨大な作業を営業担当者自ら手作業でおこなっていることがよくあります。

これらの手作業で多くの時間をかけていた作業を、ChatGPTを活用して自動化・効率化し、その分の時間をより付加価値の高い営業活動や顧客フォローアップに使うことで売上アップや生産性の向上につなげることが期待できます。

メリット2.顧客体験の向上

不動産会社がChatGPTを活用することで、顧客にとってもメリットは多くあります。

不動産会社がChatGPTを活用して、AIによる物件提案や問い合わせ対応の自動化サービスを提供することで、顧客にとっては自分の空いてる時間で物件探しを気軽に行ったり、物件に関する情報や疑問点を365日24時間聞けるので、その不動産会社に対する満足度や信頼感のアップにつながるでしょう。


不動産業界でのChatGPT活用における留意点

不動産業界でChatGPTを活用することは、業務効率化や顧客体験の向上など大きなメリットがあります。

しかし、留意すべきポイントもあります。
以下では、留意すべきポイントとその対策について解説します。

留意点1.誤った情報を生成する可能性がある

ChatGPTは非常に強力で便利なツールですが、「完璧」ではありません。
ときには誤った情報や回答を行うことがあります。

従って、ChatGPTを業務で活用する場合は、回答をそのまま鵜呑みにせずに、必ず人手による精査(ファクトチェック)を行うようにしましょう。

留意点2.データは2021年まで

ChatGPTは2021年までのインターネット上の情報を学習したAIモデルのため、2021年以降の最新情報は把握していません。
そのため、2021年以降の最新情報の調査などではChatGPTを活用せずに、自ら信頼のおける情報源等で確認するようにしましょう。

そもそも、ChatGPTは「文章・コードの生成やチェック」や「データの分析」などを得意としており、情報の「検索」には不向きです。
ChatGPTを活用するにあたっては、これらの特性を踏まえ適切に活用することが重要です。


不動産業界でのChatGPT活用事例5選

不動産業界でChatGPTを実際に活用する事例をご紹介します。

  • オープンハウスグループ
  • LIFULL HOME’S
  • ファーストロジック「楽待」
  • Realty Bank「不動産AIアシスタント」
  • さくら事務所「空き家ラクチャ」

事例1.オープンハウスグループ

オープンハウスグループは、7月より生成AI活用のための実証実験を開始しました。
活用方法として、間取り予算など顧客の希望を要望をもとにおすすめ物件を提案する物件提案サービスや、設計図・物件パース、重要事項説明書・契約書などの作成アシスト、住宅購入後の顧客からの問い合わせ等を自動回答する仮想オンラインコンシェルジュサービス、アバター自動生成などを想定しているという。

実証実験では、米国マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を使用し、ファインチューニングを重ね、改善策を検証するとのことです。

参考:オープンハウスグループ、生成AI活用の実証実験を開始

事例2.LIFULL HOME’S

LIFULLは、不動産情報サービス「LIFULL HOME’S」でChatGPT向けプラグインの提供を開始しました。
このプラグインは、ユーザーが自然な言葉で希望条件を入力すると、ChatGPTがそれを物件の検索条件に変換し、希望に合った物件を紹介します。

また、街の特徴や評価、家賃相場などの情報も提供します。これにより、ユーザーは不動産会社のスタッフに相談するような感覚で物件を探すことが可能になります。

参考:LIFULL HOME’S、国内不動産ポータルとして初めて ChatGPT向けプラグインを提供

事例3.ファーストロジック「楽待」

ファーストロジックは、不動産投資プラットフォーム「楽待」にChatGPTを活用した「物件のPR文自動生成機能」と「問い合わせメッセージへの自動返信機能」を導入しました。

これにより、不動産会社は効果的なPR文をAIが自動生成し、投資家とのコミュニケーションもAIが支援します。
不動産会社はこれらの機能を活用することで、業務の効率化を実現できるとしています。

参考:楽待がChatGPTを活用した新機能をリリース 不動産会社向けに物件PR文の自動生成機能を提供

事例4.Realty Bank「不動産AIアシスタント」

株式会社Realty BankはChatGPT搭載の不動産業界向けAIアシスタント『不動産AIチャット』のプロトタイプ版を公開しました。

このツールはLINE上で、住宅ローン計算や収益不動産の初期分析などのテンプレート機能が提供されています。
現在はプロトタイプ版であり、正確な回答ができない場合もあるが、今後正式版のリリースを目指してアップデートを重ねる予定ということです。
正式版では、不動産査定や部屋探し、正確な住宅ローン計算と収益不動産計算が可能なモデルの開発を目指すとしています。

参考:不動産AIアシスタントChatGPT搭載の『不動産AIチャット』

事例5.らくだ不動産「空き家ラクチャ」

らくだ不動産株式会社は、ChatGPTを活用したAI不動産相談サービス「空き家ラクチャ」をリリースしました。
このサービスは24時間365日、無料で空き家や不動産に関する質問・相談ができ、空き家の売却や活用方法、不動産の基礎知識などに関するアドバイスを受けられます。

対象エリアは東京都の大田区、世田谷区、渋谷区で、今後拡大予定です。

参考:ChatGPTの技術を活用したAI不動産相談サービス「空き家ラクチャ」本日より提供開始


【あわせて読みたい】日本企業の導入・活用事例

ChatGPTは不動産業界以外でも多くの業界で活用されています。
日本企業におけるChatGPTの導入・活用事例は以下の記事をご参考にしてください。


最後に

本記事は、不動産業界におけるChatGPTの活用方法や実際の活用事例について詳しく解説しました。

専門性や個別性が高くDX化が進みづらい不動産業界ですが、ChatGPTを上手に活用することで効果が期待できる業務やプロセスが多くあることが確認できたかと思います。

この記事が、不動産業界の方のChatGPT活用の参考になれば幸いです。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、クライアント様ごとの課題やニーズに応じたChatGPTの導入・活用のコンサルティングやChatGPTカスタマイズ開発などをご提供しています。
ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。