【24年1月版】ChatGPT研修サービスおすすめ5選を紹介!

📁
【24年1月版】ChatGPT研修サービスおすすめ5選を紹介!

ChatGPTを導入し業務に活用する企業が増えています。

しかし、ChatGPTの導入にあたって、

  • ChatGPTを導入したのに社員が使いこなせていない
  • ChatGPTを導入したいけど、自社に生成AIに詳しい人材がいない
  • ChatGPTの効果的な使い方がわからない

といった悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。

この記事は、そのような企業向けに数多くある「ChatGPT研修サービス」の中からおすすめのChatGPT研修サービスを厳選してご紹介します。

きっとこの中から、あなたの会社に合ったChatGPT研修サービスに出会えるでしょう。

ChatGPT研修の必要性

ChatGPTを導入・活用して「業務効率を20%以上アップ」「業務時間と大幅削減」と大きな効果を出す企業が多くある一方で、ChatGPTを導入したのに、

  • 「ChatGPTを導入したのに社員が使いこなせていない」
  • 「従業員の利用率が低い」
  • 「業務改善に繋がっていない」

といった声も多く寄せられます。

ChatGPTで業務効率化などの効果を出せない企業に共通して、「役職員がChatGPTの効果的な使い方や何ができるのかを理解していない」といった課題が見受けられます。

ChatGPTは業務効率化を実現する便利なツールですが、何でもできる魔法の杖ではありません。

  • ChatGPTをどの業務でどのように活用すれば効果が出るのか
  • 回答の精度を上げるためのプロンプトの書き方

など、その特性や使い方を理解しなければ、十分な業務改善効果を出すことは難しいでしょう。

そのため、ChatGPTに関するリテラシー・スキルを効果的に学べるChatGPT研修の重要性が高まっています

また、DX人材育成サービスを手掛けるWHITE株式会社(横浜市)の「2024新入社員研修の意識調査」によれば、2024年春に入社する新入社員向けにChatGPT研修を予定している企業が約5割に上がったことがわかりました。

ChatGPT研修の必要性
出典:WHITE株式会社「2024年入社の新入社員研修の意識調査」

このように、今やChatGPTに関するリテラシーは役員・管理者・一般社員のみならず、新入社員にも求められる必要不可欠なリテラシー・スキルになりつつあるのです。


ChatGPT研修サービスの選び方

自社に合った「ChatGPT研修サービス」を選ぶには、5つのポイントを確認しましょう。

  • 1.eラーニングか集合型研修か
  • 2.提供企業は生成AIに精通しているか
  • 3.研修内容は自社に合っているか
  • 4.料金
  • 5.助成金

以下でそれぞれ解説します。


1.eラーニングか集合型研修か

ChatGPT研修は、大きく分けて以下の2つの研修があります。

  • eラーニング:
    各人がPC/スマホなどでインターネット上の教材や動画を見て学習するスタイル
  • 集合型研修
    一つの会場(自社の会議地など)に講師と複数人の受講者が集まって研修するスタイル

それぞれメリットデメリットがありますので、自社に合ったタイプの研修を選ぶことが重要です。

研修の種類メリットデメリット
eラーニング  ・受講者は空き時間に学習できる
・研修費用が相対的に安い
・座学のため定着しづらい
・実践に活用されづらい
集合型研修  ・手を動かすため定着しやすい
・ワークショップで実践に活かしやすい
・研修費用が相対的にやや高い
・受講者の時間が拘束される       
▲eラーニングと集合型研修のメリットデメリット比較

例えば、手っ取り早く従業員にChatGPTを学習させたいような場合は、eラーニングがおすすめです。

他方、「従業員がChatGPTを活用できるようにしたい」、「ChatGPTを活用して業務効率化を推進したい」のように、より「実践」に重きを置く場合はeラーニングよりも集合型研修の方が向いているでしょう。


2.提供企業は生成AIに精通しているか

研修を提供する企業が、生成AI/ChatGPTに知見を持っている会社かどうかも重要なポイントです。

本業で生成AI/ChatGPTに関するサービスを提供している会社であれば心配いりませんが、本業が生成AI/ChatGPTとは関係のない会社による研修の場合は十分な知見を持っていいない可能性があるので注意が必要です。


3.研修内容は自社に合っているか

研修内容が自社に合ったカリキュラムかどうかも重要です。

  • ChatGPTの基礎知識の習得を目指した研修カリキュラムなのか
  • 実践的な活用方法やスキルを身に着けるカリキュラムなのか、

など、自社の習熟度や課題に合ったカリキュラムか、しっかり確認しましょう。

例えば、自社の従業員がChatGPTの基本的な知識は身に着けているけど、自社の業務に即した実践的な活用法を身に着けたい場合に、ChatGPTの基礎研修などを学習してもあまり意味はないでしょう。

  • 自社の従業員の習熟度
  • ChatGPT活用における自社の課題

などをもとに、自社に合った研修を選ぶことが重要です。


4.料金

研修の料金は、

  • eラーニングか集合型研修か
  • 講師のレベル
  • 研修内容の質

によって料金もマチマチです。

料金は安いにこしたことはありませんが、低料金で自社に合っていない研修やレベルの低い研修を受けてもほとんど効果は得られず、「安物買いの銭失い」になってしまいます。

しっかりと、自社に合った研修の中から料金がリーズナブルな研修を選択することが重要です。


5.助成金

ChatGPTの研修を受講して、一定の要件を満たした場合、厚生労働省の人材開発支援助成金によって研修費用の最大75%の助成金を受けられる可能性があります。

助成金の支給を受けるには、研修を受講する企業側の要件や手続き等も必要になるので、研修を提供する会社に、助成金のための情報提供や関係機関等も交えた助成金のサポート体制があるかどうかを確認してみるとよいかもしれません。


ChatGPT研修のおすすめ5選

では、数多くあるChatGPT研修の中からおすすめの研修サービスを厳選して5つご紹介します。

きっとこの中から自社に合ったChatGPT研修を見つけられるでしょう。


1.実践型ChatGPT活用研修「ChatGPTカレッジ」

ChatGPT研修のおすすめ6選

公式サイト:ChatGPTカレッジサービスサイト

最初に手前味噌ですが、生成AI特化型の開発・コンサルティング会社である弊社ゴートマンが提供するChatGPTカレッジをご紹介いたします。

ChatGPTカレッジは、座学による知識の習得ではなく、業務に活用できる実践的なスキルが習得できるワークショップスタイル実践型研修が特徴の研修です。


メリット
プロンプト力や業務活用スキルが身につく
・自社に合ったオーダーメイドの研修カリキュラム
生成AI開発・コンサルの豊富な実績を有する講師

デメリット
・集合型研修なので受講者の時間を拘束する

・生成AI以外の研修は提供していない

項目概要
研修のタイプワークショップスタイルの集合型研修(講師派遣)
※Web会議形式も可
提供企業生成AI特化の開発・コンサル会社
研修内容業務に活用できる実践的な内容
業種・職種別のオーダーメイド研修も可
料金3万円/1人~
助成金要件を満たすことで助成金対象

こんな企業におすすめ


ChatGPTを業務に活用できる実践的なスキルを習得したい
ChatGPTの活用に精通した専門家から学びたい
・自社の課題に合ったオーダーメイドの研修を受けたい


2.カナン「生成AI活用研修」

カナン株式会社は、「DX(デジタルトランスフォーメーション)&Society 5.0のエバンジェリスト」として、研修・セミナー・講演講師業務、アドバイザリー業務を提供する”DX・生成AI・デジタル人材育成の専門家企業”です。

同社は、DX領域などに関する豊富な研修メニューを提供しており、その中の一つとして「ChatGPT等の生成AI活用研修」を提供しています。


メリット
顧客の業種・部門に最適化した研修プログラム
・DX領域での豊富な研修実績

デメリット
・料金は要問合せ
・研修などの人材育成企業のため、生成AIに関する開発・コンサルティングの実績・知見は未知数

項目概要
研修のタイプ集合型研修(講師派遣またはオンライン)
提供企業DX領域の研修会社
研修内容基礎~実践的な内容までカバー
オーダーメイド可
料金問合せ
助成金問合せ

こんな企業におすすめ


研修実績の豊富な企業から研修を受けたい
eラーニングではなく講師と直接やり取りしたい
・自社に合ったオーダーメイドの研修を受けたい


3.EXAWIZARDS「ChatGPT・生成AI活用の研修サービス」

東証グロース上場のAIカンパニー、エクサウィザーズ社が提供する生成AI研修です。

同社は、AIに関して豊富な実績を有する企業で、最近では生成AIにも力を入れています。
主に大企業や官公庁のクライアントが多いのが特徴です。

メリット
・AIカンパニーとしての豊富な実績・知見

DX領域での研修実績も豊富
上場企業としての信頼

デメリット
・料金プランは要問い合わせ
・ワークショップなどの実践的な研修は原則提供されていない

項目概要
研修のタイプ     講師によるオンラインでのライブ配信、集合型
提供企業AIカンパニー
研修内容基礎研修~活用研修
料金問合せ
助成金問合せ

こんな企業におすすめ


大企業や官公庁
・大企業向けAIの支援実績豊富な企業から研修を受けたい
信頼できる上場企業のサービスがいい


4.Cynthialy「AI Performer」

生成AI領域で人材育成・研修事業を手掛けるCynthialy社の生成AI研修「AI Performer」です。

生成AI技術を実務で活用できる社員「 AI Performer」を育成し、生産性を向上させることをゴールとし、生成AIの基礎・生成AI導入の企画・推進の仕方を学べる2ステップで合計20時間のeラーニング研修プログラムです。

メリット
・eラーニングで効率的に生成AIを学べる
・生成AIの基礎から実践的な内容まで体系的に学べる

デメリット
・料金プランは要問合せ

・eラーニングのため座学

項目概要
研修のタイプ     eラーニング
提供企業生成AI人材育成・研修     
研修内容基礎研修~活用研修
料金問合せ
助成金要件を満たすことで助成金対象

こんな企業におすすめ


eラーニングで効率的に学びたい
基礎から実践的な内容まで体系的に学びたい


5.インターネット・アカデミー「ChatGPT活用研修」

インターネット・アカデミーは、デジタル人材を育成するIT研修サービスを提供する会社です。
大企業の導入実績も豊富で、IT、DX、AIなど豊富な研修ラインナップを有してます。

これらの豊富な研修メニューの中で、ChatGPT活用研修も提供しています。

メリット
・IT、DX、AIなどの豊富な研修メニュー
・ChatGPT活用研修は、カスタマイズも可能
・学習管理システムで研修の進捗等を管理できる

デメリット
・料金は要問合せ
・IT研修サービスの会社のため、生成AIに関する開発・コンサルティングの実績・知見は未知数

項目概要
研修のタイプ     eラーニング~集合研修        
提供企業IT研修サービス    
研修内容基礎~演習
カスタマイズも可
料金問合せ
助成金要件を満たすことで助成金対象
サポートあり

こんな企業におすすめ


・ChatGPT・生成AIだけでなく、IT、DXなどの研修も受けたい
・eラーニングから集合研修まで組み合わせて受講したい
研修サービスの実績豊富な企業がいい


【あわせて読みたい】日本企業のChatGPT導入・活用事例

ChatGPTを導入・活用している日本企業の事例については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。


まとめ

この記事は、「ChatGPTを導入・活用したけど使いこなせていない」「これからChatGPTを導入するけど活用できるか不安」といった企業向けに、おすすめのChatGPT研修サービスを厳選して5つ紹介しました。

まとめると、以下の通りです。

おすすめ研修サービスまとめ
1.実践型ChatGPT活用研修「ChatGPTカレッジ」
・2.カナン「生成AI活用研修」
・3.EXAWIZARDS「ChatGPT・生成AI活用の研修サービス」
・4.Cynthialy
AI Performer」
・5.インターネット・アカデミー「ChatGPT活用研修」

きっとこの中から、あなたの会社に合ったChatGPT研修サービスを見つけられるでしょう。

「ChatGPTマガジン」を運営するゴートマン合同会社は、企業様向けに生成AIの導入支援最適な社内ChatGPTサービスの選定から導入支援企業ごとにカスタマイズしたプロンプト作成代行、ChatGPT活用研修など大企業から中小企業まで幅広くご支援しています。

ご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。